【さくらカップ】2018年大会実績一覧&運営大学からメッセージ

今年初開催の学習院大学女子主催の大会であるさくらカップ!
大盛り上がりで今年の開催が終了しました。
下記は今年の大会のまとめとなっています。

さくらカップ情報





大会正式名称:さくらカップ
競技:女子ラクロス
主催大学:学習院大学・女子ラクロス
開始年:2018年

今年の参加エントリーチーム:
学習院、駒沢女子、東京理科、上智、東京、成城、東京外国語、専修、西武文理、東京女子
※東京外国語大学・西武文理大学、リーグ戦との兼ね合いで棄権

【大会の進み方】
<予選>
Aブロック 学習院vs駒沢女子
Bブロック 東京理科vs上智
Cブロック 東京vs成城
Dブロック 専修vs東京女子

<決勝トーナメント>
Aブロック勝者 vs Bブロック勝者
Cブロック勝者 vs Dブロック勝者



今年の戦績一覧

9月29日(土) Aブロック
駒沢女子大学vs学習院大学
5-6 学習院大学勝利

10月7日(日) Bブロック
上智大学vs東京理科大学
8-1 上智大学勝利

10月20日(土) 準決勝
学習院大学vs上智大学
10-1 学習院大学勝利

10月21日(日) Cブロック
東京大学vs成城大学
6-4 東京大学勝利

10月27日(土) Dブロック
東京女子大学vs専修大学
10-4 東京女子大学勝利

11月17日(土) 準決勝
東京大学vs東京女子大学
5-3 東京大学勝利

11月18日(日) 三位決定
東京女子大学vs上智大学
9-2 東京女子大学勝利

11月18日(日) 決勝
学習院大学vs東京大学
8-6 学習院大学勝利

優勝🥇学習院大学
準優勝🥈東京大学
3位🥉東京女子大学



今年の試合総括

本年度、さくらカップの運営を行いました学習院大学四年のみん(加賀山友里)です。

私からは今年度の試合の総括をさせて頂きます。
学習院大学はBチームの試合の場としてさくらカップに参加していましたが、他大学はBチームで出場していたり、Aチームで出場していたり、と様々な形態で参加して頂きました。予選では駒沢女子大学、準決勝で上智大学、決勝で東京大学と試合を行いましたが、特に苦戦したのが一番初めの駒女戦でした。駒沢女子大学はリーグ戦に出場するメンバーが揃っていたこともあり、前半までは負け越していて、まさかの予選で敗退してしまうのではないかという不安がよぎった試合でした。セットOFでの中カットが学習院にはない動きが多く、中々DF内で修正することが出来ませんでした。代わりに、駒女のDFがフォローに飛ぶのが早い特徴を活かし、OF内で裏取りの動きを増やすことで得点を重ねることが出来ました。結果は6-5とギリギリで勝利することが出来ましたが、課題が多く残った試合でした。
普段、練習試合などを組んだことがない大学だったので、刺激になるプレーがとても多かったです。また、試合が競っている状況で勝ち切るということはずっと課題だったので、一つ壁を乗り越えられた試合でもありました。

今年のさくらカップの試合結果を見て頂くと、どの試合も僅差で勝敗がついていることが多く、レベルの近いチーム同士での試合であったことがわかります。そういった試合で勝ち切るためには試合中の修正力が大事になってくるのではないかと思います。競っている試合であるからこそ、少しのミスが失点に繋がり、少しの修正力が得点に繋がります。そこをクリア出来たチームが今大会では勝ち上がって行ったのではないかと思います。
学習院もまだまだ修正力や、相手校の勢いに押されてしまうところなど、課題が多く残っていますが、こういった試合の場を設けて、克服していきたいです。

以上をもって、総括とさせて頂きます。



運営していた人の写真を含めた自己紹介と一言

4年MF #49みん
我らのBチームリーダー!みんママ!圧倒的安心感!
どんなATでもばっちこい!
一言:優勝できて最高に幸せです!
Bチームが大好き!

4年AT #26 かな
嫌いな人はいない皆んなから愛される人、プレーでも皆んなから頼られる最高のAT
一言:みんなのおかげで優勝できました!Bチームラブ!

3年DF #62 にあ
どこまでも追求し続ける姿勢は恐るべし!
長い足でナイディー、ナイスボール連発!
一言:四年生と最後に笑って優勝できた瞬間は本当に最高でした!

3年DF #06 ぱん
大きな声でチームを盛り上げDFのエース的存在!
一言:今までの試合とはまた違う私たちが苦手なスピード感のある試合を通して、自分の成長にもチームの成長にも繋がりました!

2年AT #42 しょう
スピーディなナイスワンでゴールを揺らし続ける!
もちろんシュート後はクールにドヤドヤ!
一言:18チーム最後の試合を優勝で飾ることができてとても嬉しかったです!!

2年MF #11 てる
敵のボールを奪い取る頼もしいDF!足の速さをいかしたATも魅力的!
一言:4年生が笑顔で引退出来たことが最高に嬉しいです!そしてこれからのモチベーションに繋がる試合になりました!

さくらカップ運営が選ぶ!思い出に残る試合ベスト3

🥇決勝 学習院大学vs東京大学
学習院は4年生の先輩方の引退試合であり負けられない一戦。最初は学習院が積極的な1on1で3得点決めるものの、東大のフレッシュなスピード感のシュートに苦戦し前半は4-3で学習院が1得点リードで終わった。後半になると両校の優勝をかけた意地と熱い想いもあり、後半ラスト9分では6-6の同点に。両校一歩も譲らない試合となったが、1人1人の強気な1on1と攻めのDFでボールを奪い、学習院が8-6で優勝した。4年生の先輩方がチームを引っ張っていた試合であった。(学習院大学)

🥈準決勝 東京大学vs東京女子大学
目標としてきた決勝に進むために絶対に負けられない一戦。予選から約1ヶ月、「主役であれ」というスピリットの下、やりたいことを全員が考えて練習してきて、全員の力で勝利した試合でした。(東京大学)

🥉東京女子大学vs専修大学
これが四年生の先輩方と出来る最後の試合でした。
Bチームみんなで沢山お世話になった先輩方に勝って恩返しをしたい、という気持ちで臨みました。
各ポジションの目標が達成出来、尚且つ勝利し、最高に嬉しい瞬間でした。
四年生の先輩から「こんなに楽しいって思った試合なかったよ。ありがとう。」と言われて、このメンバーで勝ててよかったな、と本当に感じた一戦でした。(東京女子大学)

運営側から参加者等関係者へメッセージ&来年大会に向けてのコメント

本年度、さくらカップの運営を行いました学習院大学三年のにあ(岡本百萌子)です。
今年度行ったさくらカップは、学習院大学が主催するという初めての試みとなりました。
さくらカップを開催した理由と致しましては、リーグ戦期間ということもあり、Bチームが試合経験を積むことでチームの底上げに繋がるのはもちろん、BチームのメンバーがAチームに上がるためのチャンスの一つになれば幸いだと思いました。
1部や2部の大学にはないプレースタイルであったり、勢いがあるプレーの試合を沢山経験したいと考えたことから対象校は3部、4部の大学とさせて頂きました。
ブロックの組み方は、希望日程に沿って4ブロックに分け、トーナメント形式で行いました。Aチームで参加している大学もあるため、リーグ戦のブロックが同じ大学同士は当たらないように配慮しました。
リーグ戦期間ということで日程調整や、グラウンド提供の件などでご不便をお掛けしたことも御座いましたが、多くの大学にご協力頂き、無事さくらカップを閉幕することが出来ました。また、来年度の開催は未定とさせて頂いておりますが、開催が決まりましたら、多くの大学にご参加頂きたいと考えております。
急な開催にも関わらず、多くの大学にご参加頂き、関係者の皆様には大変お世話になり、支えて頂きました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。



The following two tabs change content below.

LACROSSE PLUS編集部

LACROSSE PLUS編集長が発信しているアカウント!
スポンサードリンク

関連記事

  1. 【チーム図鑑】東京外国語大学女子ラクロス部

  2. 【Vリーグ】Bブロック試合結果|早稲田大学vs明治大学β

  3. 【Vリーグ】Dブロック試合結果|国際基督教大学 vs 日本体育大学

  4. 【さくらカップ】10月の試合結果と11月の試合予定

  5. 【Vリーグ】Dブロック試合結果|日本体育大学vs一橋大学

  6. 【Vリーグ】2018年女子ラクロスVリーグ始動!

  7. 【Vリーグ】試合日程発表|いよいよ試合が始まります!

  8. 【チーム図鑑】横浜国立大学体育会女子ラクロス部

  9. 【Vリーグ】Bブロック試合結果|早稲田大学vs東京家政学院大学

LACROSSE PLUS MAIN

ラクロス選手へのインタビューやスキルアップ情報などはこちらをチェック!↓↓

Twitter でフォロー